のんびり国境を越えてみよう!

海外旅行に慣れてくると、今度は自分でツアーのプランを立てたくなるという人も多いのではないでしょうか。比較的長い休みが取れてヨーロッパに興味があるという人には是非列車の旅をおすすめします。飛行機でひとっ飛びすれば時間の節約はできますが、敢えて列車に乗って国境を越えることで、段々と変わっていく窓からの風景や、その国その国独特の建物の様子を肌で味わうことができるでしょう。観光ルートを自分で考えてどんなふうに旅を進めて行くかも自由自在ですよね。列車のチケットは日本からでも予約することは可能ですが、ヨーロッパの電車の状況は日本とはかなり違う部分があるので、注意しなければなりません。旅行プランは臨機応変かつ時間に余裕を持って立てることが大切です。

ヨーロッパの列車はここに注意!

ヨーロッパの列車が日本のものと1番大きく異なる点は、遅延が多いということです。ですから乗り継ぎを予定している場合は時間に余裕を持たせないと乗り遅れてしまうことがあります。それから発車の際に笛が鳴ったり放送が入ったりということがないというのも特徴です。うっかりホームに出て煙草を吸っていたりすると、音もなくドアが閉まって列車が出発してしまうということもあるので注意してください。次の駅がどこかなどという放送があることも稀なので、下車の際にも気をつけなければなりません。けれども社内の雰囲気はアットホームで、見知らぬ同士がおしゃべりの花を咲かせているという光景も見られます。ひと味違ったオリジナルの旅をするなら、ヨーロッパの鉄道の旅をきかくしてみてはいかがでしょうか。